読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

365days

人生の休暇中。 グラフィック、WEBデザインのお仕事をしていました。 デザインのコト、趣味の写真や旅のコト、暮らしの中で見つけた素敵なモノゴトを気ままに綴っています。

MENU

山頂にある絶景の国。サンマリノ共和国に行ってきたときの話。

Travel Photo

山頂にある絶景の国。サンマリノ共和国に行ってきたときの話。

昨年、1ヶ月ほどかけてイタリアを巡ったときに、サンマリノ共和国を訪れました。

日本を出発するときには、聞いたことがない国でした。ベネチアで止まったホステルで、オーストラリアの女の子と仲良くなり、ヨーロッパを一周しているというその子が、今まで見た景色の中で、1番素敵だったと言っていてサンマリノ共和国をはじめて知りました。

予定では次の日ナポリへ行こうと思っていたのですが、ベネチアからそれほど遠くなかったこともあり、せっかくなので行ってみることにしました。

 

ベネチアから、乗り継いでリミニというところまで行き、そこからバスに乗り換えて国境を超えました。とはいえパスポートを提示する必要はなく、イタリアからそのまま入ることができます。

 

山頂にある絶景の国。サンマリノ共和国に行ってきたときの話。

サンマリノ共和国はイタリアの中にあり、世界で5番目に小さな国なのだそう。ティターノ山という山の、中腹から山頂にかけてが国になっており、バスや車の陸路か、ロープウェーで入国することができます。

 

 

山頂にある絶景の国。サンマリノ共和国に行ってきたときの話。

国に入ると道沿いにカフェやレストランが並んでいて、ショッピングも楽しむことができます。サンマリノ共和国は消費税がない国だそうで、イタリアから、買い物に来る人も多いのだとか。

私が訪れた日は、平日だったこともあり、さほど人も多くなく、のんびり街歩きを楽しむことができました。治安が良い国なので、街の中は清潔で、夜にひとりで写真を撮りにいっても大丈夫でした。

 

山頂にある絶景の国。サンマリノ共和国に行ってきたときの話。

入国審査がないため、入国スタンプは有料なのですが、記念に押してもらいました。国旗と同じ柄の切手も可愛く、いい思い出になりました。

 

山頂にある絶景の国。サンマリノ共和国に行ってきたときの話。

山頂にある絶景の国。サンマリノ共和国に行ってきたときの話。

サンマリノ共和国は、他国から攻められながらも独立を守りぬいた国で、周りを石造りの城壁で囲われています。世界遺産にも登録されており、昔のまま残るその場所で過ごしていると、まるで映画の中にいるような不思議な気持ちになりました。

 

山頂にあるお城付近まで登るとあたりを見渡すことができて、素晴らしい景色。ですが、この写真からも分かるように、登ってきた道の反対側は崖。本当に崖ぎりぎりのところに建っています。

 

山頂にある絶景の国。サンマリノ共和国に行ってきたときの話。

崖の上に建つお城と、大きな空。その下に連なるオレンジ色の屋根。遠くに見える美しい山々。サンマリノ共和国で見たこの景色は、今までに見たことがないもので、ずっと眺めていても飽きない素晴らしいものでした。一生忘れないと思います。たくさん写真を撮って、目に焼き付けて、沈む夕日を見ながら山を降りました。

 

山頂にある絶景の国。サンマリノ共和国に行ってきたときの話。

今まで行ってきた国の中で、もう1回行きたい国を聞かれたら、間違いなくサンマリノ共和国を選ぶと思います。簡単に行ける場所ではないものの、いつかもう一度あの景色に会いにいきたい。

 

 

▼こちらもおすすめ

www.365days-with.com

 

<おすすめ旅予約>

旅行予約のエクスペディア

【Booking.com】世界のホテル割引予約

ホテル予約ならHotels.com